ブログ

いわた不動産のブログです。
このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログ一覧

中山道大井宿

IMG_0708

 

IMG_0702

先週、仕事で岐阜県恵那市に伺いました。

約束の時間よりも1時間も早く着いてしまったので、恵那の街をしてみました。

IMG_0701

秋晴れの恵那です。

IMG_0708

恵那は、昔、中山道の大井宿があり、その名残がいくつか残されているようでした。

ちなみに、中山道とは、江戸時代の大きな街道の一つで、京と江戸を結んだものです。木曽路とも呼ばれますね。

IMG_0707

阿木川にかかる大井橋です。

この写真の右横から、下に降りられるようになっており、行ってみると、

IMG_0703

川には多くの鯉が。

平日の10時過ぎくらいの時間でしたので、人もあまりみえなくて、静かな時間を過ごすことができました。

IMG_0711

道路には、こんな埋め込みの案内が。

こういうのは、いいですね。

踏むのは遠慮しときましょう。

IMG_0710

横になってしまいましたが、現在の中山道です

ここを、京や江戸を目指して歩いていたと思うと感慨深いものがあります

その後、無事、仕事も終わりまして、次は愛知県の小牧市役所に向かいました。

この日は、仕事で移動移動の連続でしたが、こんな思いがけない良い時間と写真を撮る事ができたので、たまには早く着くのも悪くないな、と思った一日でした。

岩田

■■■■■■■■■■■■■■■■■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

いわた不動産 0561-42-7884

(尾張旭市、瀬戸市、春日井市、長久手市、名古屋市名東区、名古屋市守山区など名古屋とその周辺の土地、住宅、マンション等不動産のことお気軽にご相談ください)

隣地・隣家の争い

P10PHO_008

こんにちは。

住宅に住んでいると、近隣の方々と住生活についてトラブルになることがありますね。

わたしも、たまに近隣トラブルについて相談を受けることがあります。

そういった時、相手方に対してすぐに是正しろと言えるかどうかは、一般的に「受忍限度」を超えるかどうかによるとされているようです。

詳細は、弁護士さん等に聞いていただくとして、実際にトラブルになった場合の大まかな流れは以下のような形だそうです。

<争いの流れ>

生活環境の破壊・侵害

 (近隣の騒音・振動・公害・隣家の日照権・住宅建設など)

   ↓

法律・条例などが規制

 (都市計画法上の用途地域、騒音規制法上の規制、景観法上の規制、建築基準法上の日影規制等)

   ↓

受任限度

   ↓

受忍限度を超えた場合は、

行政(行政法ほか)による対抗法(都道府県・市区町村役場など)

  ・差止めの仮処分などの申請

  ・知事等による改良の勧告・命令 など

民法(私法)による対抗法(裁判所)

  ・不法行為による損害賠償請求

  ・所有権などによる差止めの請求 など

 

ちなみに、デジタル大辞泉によると、受忍限度とは、「社会生活を営むうえで、騒音・振動などの被害の程度が、社会通念上がまんできるとされる範囲。これを超えると加害者が違法とされることがある。」とされています。

 

日本司法支援センター法テラスの記事にこんなものがありましたので、参考にどうぞ

→ 生活騒音 夜間は注意を 受忍限度超えで慰謝料も(こちらをクリックで記事にとびます)

■■■■■■■■■■■■■■■■■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

いわた不動産 0561-42-7884

(尾張旭市、瀬戸市、春日井市、長久手市、名古屋市名東区、名古屋市守山区など名古屋とその周辺の土地、住宅、マンション等不動産のことお気軽にご相談ください)

尾張旭市の市民祭

GTPC_0012.jpg

今週の土曜日、10月10日に尾張旭市の市民祭が行われます。

ここに私が所属する愛知県宅地建物取引業協会の東尾張支部も出店します。

そのお手伝いに私も参加しますので、地域の皆さまよろしくお願いいたします!

この日は同所で、協会による不動産についての無料相談会も行われますので、そちらもお気軽にご参加ください。

岩田

■■■■■■■■■■■■■■■■■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

いわた不動産 0561-42-7884(尾張旭市、瀬戸市、春日井市、長久手市、名古屋市名東区、名古屋市守山区など名古屋とその周辺の土地、住宅、マンション等不動産のことお気軽にご相談ください)

外国に居住の方

LCPH_023

外国人であっても不動産所有そのものに原則として制限はありません

ただ、非居住者(外国人を含む)や外国法人から国内にある不動産を購入して、その対価を支払う場合は、10.21%の源泉徴収をしたうえで支払う必要があります。

これは、非居住者等は日本の所得税がかからないので、支払うときにその分を引いて(源泉徴収して)税金を納めさせる扱いのためです。

とにかく、税金を取りたいようです。

不動産売買にかかる税金といえば、「譲渡所得税」「不動産取得税」「消費税(土地はかかりません)」「固定資産税、都市計画税の清算」「登録免許税」「贈与税」など色々なものがありますので、上手に節税したいですね。

岩田

■■■■■■■■■■■■■■■■■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

いわた不動産 0561-42-7884(尾張旭市、瀬戸市、春日井市、長久手市、名古屋市名東区、名古屋市守山区など名古屋とその周辺の土地、住宅、マンション等不動産のことお気軽にご相談ください)