売主様の売買仲介流れ

不動産を売りたい

■ 不動産売却の流れ

お売りになりたい
不動産の査定をいたします。
 
お客様と綿密な打ち合わせをさせていただき、売買条件などを決定して、
媒介契約を締結させていただきます。
 
お客様の物件情報を、インターネットなどで公開し、地元の不動産業者やハウスメーカーの仕入担当者にも購入希望者を打診して、
広く購入希望者を探していきます
 
購入希望者と売買についての合意が得られれば
売買契約を締結。手付金を預ります。
 
売買代金の
残金決済を行い、不動産登記を申請します。

※ 以下、ひとつずつ詳しく説明していきます。

※ 売却にかかる費用はこちら




① 不動産の査定

土地や住宅の査定をする前に、まずその不動産の調査をいたします。

登記簿(登記記録)のチェックや、都市計画区域などの法令上の調査を行います。建物については、築年数や間取り、構造などをお伺いさせていただきます。

とりあえず、簡易的に売却価格を知りたいお客様には、上記のような調査を行わず、
大まかな価格を算出することも可能です。

不動産の査定で、お気を付け願いたいのは、複数の不動産業者から見積りをとった場合、必ずしも高い価格を提示した業者の価格で売却することができる訳ではないということです。

その業者が直接買い取りをする場合は別ですが、単なる仲介(媒介)である場合、
買主様は自分が欲しい価格で購入希望の申込みをすることなります。

あくまでも、
実際に購入する価格を決めるのは、仲介業者ではなく、買主様と売主様なのです

② 媒介契約の締結

査定や面談の結果、特定の業者に仲介を任せることになった場合、その業者と媒介契約を結びます。

その中で、売買価格や引き渡しの時期、
瑕疵担保責任の負担などの売買条件を決めていきます。

媒介契約には、
 ・「
一般媒介契約」(他の業者に重ねて媒介の依頼が可能)
 ・「
専任媒介契約」(他の業者に重ねて媒介の依頼をすることはできないが、売主様ご自身で探してみえた買主と取引をすることは可能)
 ・「
専属専任媒介契約」(他の業者への媒介依頼も売主様ご自身での買主との取引いずれも禁止)

の3種類があります。

一般的に、一般媒介契約よりも専任媒介契約のほうが、依頼を受けた業者が
がんばる傾向にあります。これは、仲介というのは、売買契約が成立しなければ、ほぼ無報酬ですので、より自社の売買契約の仲介が成約しやすい専任媒介のほうが、報酬をいただける可能性が高いからです。

③ 物件情報の公開

お客様の物件情報を公開して、広く購入希望者を探します

具体的には、インターネットの様々な不動産ポータルサイト、例えば「レインズ」「ハトマークサイト」「アットホーム」などに掲載します。

また、地元の不動産業者さんやハウスメーカーの仕入担当者さんにも情報を流し、
購入希望者の情報を募ります

また、チラシや広告による物件情報の公開も行う場合もあります

④売買契約の締結

購入希望者があらわれ、売買価格などを含む不動産売買についての合意が得られた場合、宅地建物取引士が重要事項についての説明をしたのちに、買主・売主様間において売買契約を締結します

この際、通常は買主様が
手付金を支払うことが多いです。

この手付金は通常は「
解約手付」と呼ばれる性質のもので、売買契約締結後に、気が変わって売買を中止したいと思ったときに、

・買主様は、手付金として入れたお金を
放棄することで契約解除が可能。
・売主様は、手付金として預かっているお金の
倍額を支払うことで契約解除が可能なものです

ただし、これらの解除は、解約可能な場合として契約条項に記載されている理由以外の理由で、
一方的に解除する場合の話であって、すべての契約解除の際にこれらの行為が必要とされる訳ではありません。

ここまでこれば、あとは残金決済とそれに伴う物件の引渡しだけです!

⑤ 決済と物件の引渡し

買主様が、売主様に売買代金全額を支払って取引を完了することを「決済」といいます。

手付金を支払っている場合は、その手付は売買代金に充当して残金を支払うことが一般的です。

この際に、仲介手数料の支払いや固定資産税等の清算等も行われます。

急ぎの売買でなければ、日柄の良い日(大安など)を定めて、銀行さんなどで、売主様、買主様、仲介業者、銀行の担当者そして司法書士など
関係者が同席のうえ決済が行われます。

司法書士が登記申請に必要な書類を確認して、間違いなく揃っていれば、売買代金全額が入金され、その
入金確認後、買主様名義の不動産登記を申請します。場合によっては、抵当権の抹消や住宅ローンのための抵当権の設定も連件で申請することになります。

売買物件に建物があれば、鍵や確認済証等の書類のやり取りもすることになります。

■おわりに

登記申請後、通常は1週間から2週間くらいで登記が完了します。

これにより、司法書士が売主様からお預かりした
権利証登記済証登記識別情報)は、権利がなくなり、いわゆる「カラの権利証」となります。

そして、買主様名義の新しい権利証(登記識別情報)が交付されます。

この、カラの権利証を売主様に「どうされますか?」とお聞きすると、「処分しておいてください」と仰る方と「手元に置いておきたいのでで返してください」と仰る方に分かれます。

その権利証を使って何かすることができる訳ではないのですが、今まで大切に保管してきた権利証なので。思い入れがある方もおみえなのでしょう。
また、万一何か手違いがあったときのために、しばらくは手元に置いておいて、後に処分したいと思われるのかもしれません。

権利証がない不動産であっても、不動産の売却とその登記も
可能ですので、不安な方は一度ご相談ください。

土地、建物やマンションの無料査定もしておりますので、お気軽にお尋ねください。



☎ 0561-42-7884
✉ iwatashihou@yahoo.co.jp
愛知県尾張旭市三郷町中井田50-305

このエントリーをはてなブックマークに追加