買主様の売買仲介流れ

不動産を買いたい

■ 不動産購入の流れ

購入したい
不動産の希望条件などをじっくりとお伺いします。
 
ご希望の条件の不動産を、資金計画も考慮しながら
丹念にお探しします
 
多くの物件を紹介させていただき、気になる物件については、
現地案内をいたします。
 
購入の意思が固まった不動産について、
購入申込書に必要事項を記載していただき、媒介契約の締結をしていただきます。
 ↓
住宅ローンを利用される場合には、希望する金融機関の
仮審査を申込みます。
 ↓
売主様と売買についての合意が得られれば
売買契約を締結。手付金を支払います。
 
住宅ローンを利用される場合は
本審査の申込み、金銭消費貸借契約の締結をしていただきます。
 ↓
売買代金の
残金決済を行い、不動産登記を申請し、物件の引渡しを受けます。

※ 以下、ひとつずつ詳しく説明していきます。

※ 購入にかかる費用はこちら




① 不動産の希望条件の確認

お探しの土地や建物、マンション等についての希望条件を確認させていただくため、その聞き取りをさせていただきます。

具体的には、
・購入の目的(ご自宅としてなのか、収益物件としてなのかなど)
・購入の希望時期
・希望価格
・希望エリア
・希望の構造や間取り、土地の面積(地積)や方位など
・その他
などを
じっくりとお伺いします

また、資金計画などもお伺いし、ファイナンシャルプランナー(AFP)でもある当所のスタッフが、購入実現のための様々なご提案をさせていただきます。

② 不動産の探索

お伺いした希望条件や資金計画をもとに、購入候補となる不動産を探していきます

レインズなどの
不動産業者のみ閲覧可能なサイト等で物件を探し、また、地元の不動産業者からも情報を集めます。

こうして集まった情報を、
随時、お客様にお伝えして、購入候補の不動産を絞っていきます。

③ 現地案内

お客様がお気に入りの不動産があった場合、その土地、建物、マンションなどの所在地までご案内させていただき、実際に見ていただきます

不動産の現況はもちろん、土地であれば境界など、住宅、マンションであれば建物の状態やまわりの環境、交通機関などへのアクセスなどを確かめていただきます。

特にお気に入りの不動産がある場合、昼だけでなく、
夜や雨の日の排水の状態なども確認することができるとより良いです。

マンションであれば、管理状態をチェックすることが大事です。「
マンションは管理を買え」といわれるくらい、管理会社とその仕事ぶりの把握は大切です。

④ 購入のお申込み

お気に入りの不動産を現地調査していただいた後、ご購入の意思が固まった場合、その意思を表示していただくため、購入申込書へのご記入と押印をしていただきます。

また、仲介業者と
媒介契約も締結していただきます。

この記入をしていただく際、売買価格や取引条件などを確認していただき、買主様と売主様との間で調整する必要がある事項については、仲介業者が中に入って
しっかりとその調整をしていきます

⑤ 住宅ローンの仮審査の申込み

不動産の購入にあたって住宅ローンを利用される場合には、売主様からの購入申込みに対する承諾が得られた後、住宅ローンの仮審査の申込みをします。

早めに仮審査を受けておくことで、後々、住宅ローンの利用ができないために取引が不成立となる
危険性を低下することができます。

住宅ローンについては、こちらをご覧ください
 
→ 住宅ローンの基礎知識(近日公開予定)

⑥ 売買契約の締結

当事者間で、売買価格などを含む不動産売買についての合意が得られた場合、宅地建物取引士が重要事項についての説明をしたのちに、買主・売主様間において売買契約を締結します

この際、通常は買主様が
手付金を支払うことが多いです。

この手付金は通常は「
解約手付」と呼ばれる性質のもので、売買契約締結後に、気が変わって売買を中止したいと思ったときに、

・買主様は、手付金として入れたお金を
放棄することで契約解除が可能。
・売主様は、手付金として預かっているお金の
倍額を支払うことで契約解除が可能なものです

ただし、これらの解除は、解約可能な場合として契約条項に記載されている理由以外の理由で、
一方的に解除する場合の話であって、すべての契約解除の際にこれらの行為が必要とされる訳ではありません。

次は、いよいよ住宅ローンの本審査です!

⑦ 住宅ローンの本審査の申込み

不動産の購入にあたって住宅ローンを利用される場合には、売買契約締結後、住宅ローンの本審査の申込みをします。

仮審査を受けていれば、その結果が覆ることは、
あまりありません(たまにありますが)。本審査の結果は、1週間もあれば出ることが多いです。

そして融資が受けられることになった場合、金融機関の店舗などで
金銭消費貸借契約を締結します。

同時に、購入物件などに抵当権等の担保を設定するため、
抵当権設定契約なども締結します。

この抵当権が、購入後、返済が終わるまでずっと購入不動産等に登記され続け、返済が滞ると、訴訟などを経ずに、その不動産を差し押さえることができることになります。

⑧ 決済と物件の引渡し

買主様が、売主様に売買代金全額を支払って取引を完了することを「決済」といいます。

手付金を支払っている場合は、その手付は売買代金に充当して残金を支払うことが一般的です。

この際に、仲介手数料の支払いや固定資産税等の清算等も行われます。

急ぎの売買でなければ、日柄の良い日(大安など)を定めて、銀行さんなどで、売主様、買主様、仲介業者、銀行の担当者そして司法書士など
関係者が同席のうえ決済が行われます。

司法書士が登記申請に必要な書類を確認して、間違いなく揃っていれば、売買代金全額を支払います。その
入金確認後、買主様名義の不動産登記を申請します。場合によっては、抵当権の抹消や住宅ローンのための抵当権の設定も連件で申請することになります。

通常、決済の立会いの司法書士報酬は、買主様負担分につき、6万円~15万円くらいかかります(さらに登録免許税が別途かかります)。

売買物件に建物があれば、鍵や確認済証等の書類のやり取りもすることになります。

■おわりに

登記申請後、通常は1週間から2週間くらいで登記が完了します。

これにより、司法書士が売主様からお預かりした
権利証登記済証登記識別情報)は、権利がなくなり、いわゆる「カラの権利証」となります。

そして、買主様名義の新しい
権利証(登記識別情報)が交付されます。

平成17年の不動産登記法の大改正以降、権利証はそれまでの登記済証から登記識別情報という、
12桁の英数字を組み合わせた暗号のような情報になっています。

情報なので、登記識別情報を記載した紙(いわゆる権利証)が実際に盗まれていなくても、その情報が写真などで撮られてしまうと、
盗まれたのと同じ効果がありますので、その管理には充分に注意を払う必要があります。

住宅ローンについて、不安などをお持ちの方はファイナンシャルプランナーかつ司法書士の代表がご相談を伺いますので、
お気軽にお尋ねください

また、金融機関とのやり取りに不安がある方には、
同行して交渉もいたしますので、お気軽にお申し付けください。



☎ 0561-42-7884
✉ iwatashihou@yahoo.co.jp
愛知県尾張旭市三郷町中井田50-305

このエントリーをはてなブックマークに追加